スマートフォンの進化と歴史を紐解こう

スマホの種類

日本でも普及しているスマートフォンは、アップル社が出しているiphoneと、グーグルのアンドロイドを搭載しているメーカーが出しているスマートフォンに分けることができます。それぞれの機種で使い方は異なりますし、性能も違うので、自分が使いやすい機種を選択するのが良いでしょう。特に中高年の人は、余計な機能がたくさんついていても使えないこともあります。無理して高機能なスマートフォンを使わなくても、年代に応じて使いやすい機種が販売されています。

日本のスマートフォンの歴史は2008年から始まります。iphoneは2007年に発売され、1年後に日本に上陸しました。最初に発売したのがソフトバンクです。初代iphoneが発売されてから常に進化し続けています。現在でも多くの日本人が使っているスマートフォンとしてシェアを堅守しています。

アップル社以外の世界中の様々なメーカーから販売されているスマートフォンには、アンドロイドが搭載されています。これはグーグルが提供しているOSです。各メーカーが独自のスマートフォンを開発しています。iphoneとは違った魅力ある機種の開発に力を入れているので、使いやすさや機能性が充実していることなどメリットは多いです。